とあるフリーターの千葉移住計画

千葉で新生活を始める一人暮らしのフリーターは金銭管理に注意!

一人暮らしで気をつけるポイント

特集

金銭面の把握が重要

一人暮らしで気をつけるポイント

一人暮らしで一番重要なことは何なのか考えたことはありますか?千葉へ引っ越して新生活を始めようという方の中でもとくに初めて一人暮らしをするという方は、生活で何が重要になるのか見えてなくて不安なのではないでしょうか。そういう方のために、ここでは一人暮らしで気をつけるべきポイントを紹介します。
一人暮らしで一番気をつけたいことはズバリ金銭面です。生活をするためにはお金が必要なことは当たり前ですが、どうやって金銭面を考慮するのかをこの後具体的に紹介していきます。新生活を考える上で参考にしていただければと思います。

まずは収入と支出を把握

フリーターとしてアルバイトをしながら一人暮らしをするのに一番重要なことは金銭面の把握です。生きていくためにはお金が必要ですからお金について考える必要があります。現在どれくらいの収入があり、どこにどれだけのお金を使わなければならないのかを把握しましょう。とくにフリーターの方でしたら収入が不安定なケースもあります。収入と支出をしっかり考えておく必要があります。

収入を把握する

まずは収入を把握しましょう。まだ働き先が決まっていない場合はだいたいの時給と働く時間を元にして毎月いくらぐらいの収入になるかを想定しておきます。現時点ではどれくらいの収入が必要なのかがわからなくてもこの後支出を把握することで大体見えてきます。あわせて貯金額も確認しておいてください。万が一の出費で必要になることがあるからです。

支出を把握する

実家暮らしをしていると光熱費としていくら支払っているのか知らないという方も多いことでしょう。光熱費の他にも生活していくために必要な支出はいろいろあります。家賃、食費、水道やガス代金などの光熱費、保険料、交通費などです。実家暮らしの方でこれらにいくらかかっているのかをすべて把握している方はほとんどいないのではないでしょうか。それでは実際にフリーターで一人暮らしをした場合、いくらぐらいかかるものなのかを見ていきましょう。
家賃はだいたい5、6万円程度と見ておきます。すでに引っ越し先が決まっている場合はその家賃で見てください。家賃は収入の3分の1以下に抑えたいものです。食費は一食あたり300円と考えると一ヶ月で3万円程度はかかることになります。光熱費は水道、ガス、電気をそれぞれ5000円として計算すると合計1万5千円。保険料や交通費で1万円程度見ておきます。その他にも洋服を買ったり遊びに行くためのお金として1万円程度を見ると、最低でも全部で12万5000円(家賃6万円で計算)はかかることになります。さらには病気になった場合は治療費がかかりますので、その他の出費まで考慮しておく必要があります。従って、収入はこれ以上の金額が必要ということになります。
この支出を先ほど見立てた収入と比較してみてどうでしょうか。貯金があると少しは楽になりますが、いずれにせよ一人暮らしはなかなか厳しいものだとおわかりいただけたでしょう。より良い一人暮らし生活をしていくには収入を増やして支出を減らす工夫が必要です。

フリーター生活の常識

  • 求人探しの手引き

    アルバイト探しでおすすめしたいのは、何と言ってもインターネットのアルバイト求人サイトを利用する方法でしょう。自分が希望する条件のアルバイトをすぐに見つけることができてとても便利です。無料で利用できますし、登録すればアルバイト情報を知らせてくれるなどメリットはたくさんあります。既に働きたいお店が決まっているのでしたら、直接お店にアプローチしてみる方法が効果的です。アルバイト募集をしていないように見えても実は募集していることはありますので、電話などで問い合わせてみましょう。

  • 一人暮らしで気をつけるポイント

    一人暮らしで一番大事なことは金銭面でしょう。とくにアルバイトとして生活をしていくのであれば、収入と支出がどれくらいになるのかを把握しておかないと生活や仕事のプランを立てることさえできません。一人暮らしをするためにはどこにどれだけのお金が必要なのかを確認し、それを支払って生活していけるだけの収入を得ることが必要です。実家暮らしの方は生活費について考えたことがなかったかもしれませんが、支出の内訳を細かく想定していけば生活や仕事のプランが見えてくるようになります。

ページトップ

とあるフリーターの千葉移住計画
Copyright (C) 2015 とあるフリーターの千葉移住計画 All Rights Reserved.