とあるフリーターの千葉移住計画

千葉のアルバイトに受かったら雇用契約書をよく確認しよう

雇用契約書はよく読んで

特集

アルバイトでも契約書は重要

雇用契約書はよく読んで

アルバイトの採用が決まると契約を交わすことになります。口頭でも雇用契約は成立するのですが、労働条件については書面で通知する決まりになっています。そのため雇用契約書(名称は異なることもある)で契約を交わします。この書類には雇用に関する取り決めが書かれています。たとえば労働時間や待遇について、解雇についてなどです。書かれていることはアルバイトする会社やお店によって変わってきます。
契約にまつわるトラブルで多いのは、その労働条件を言ったか言わないかというケースです。「こういう条件だと言ったでしょう」(「言ってない」)というトラブルは実際かなり多いのです。口頭では証拠が残らないため、基本的なルールについては書面に記載して契約を交わそうというのが雇用契約書になります。トラブルに合うかどうかは後にならないとわかりません。この契約書は法律上有効になるものですので、事前にトラブルを防ぐためにも雇用契約書はしっかりと保管しておいてください。

内容をよく読んでからハンコを

アルバイトとは言え雇用契約は重要です。アルバイトだからと言って無理矢理契約以上のことをさせたりする悪質な所は多く、近年問題にもなっています。最初に説明された給与や勤務時間と実態が違っていても、アルバイトだから仕方がないと泣き寝入りしている方は残念ながらかなりいるのです。雇用契約書を作成してもらえば勤務条件がきちんと文書として残りますので、作成してもらいましょう。
しかし作成してもらったからといってハンコをすぐに押すことはしないでください。場合によってはアルバイト側にかなり不利になるようなことが契約として書かれているケースがあります。反則金や違約金がそれです。何ヶ月以上働かないと給料から差し引かれるといったことが書かれていることがあるのです。こういったことは法律にも関係してきますので絶対に中身を確認するようにしましょう。
もし、どうもおかしいと感じたり判断がつかないようでしたらその場ではハンコは押さないようにしてください。不明瞭な部分についてはハローワークなどに持っていくと相談に乗ってくれます。

一方的に不利な契約は法律上無効

アルバイトの契約書に書いてある中身はそれぞれ異なります。契約書に書いてあることは契約とはいえ、法律に違反するような内容の契約だった場合は無効になります。たとえば最低時給や労働時間などは法律で定められていますので、最低時給を下回る契約をさせられたりしたらそれは無効になります。
アルバイトは立場上、なかなか権利を主張するのが難しいものです。しかし法律に違反している契約に従う必要はありません。きちんと契約書を交わしてどういった契約なのかを確認しましょう。

フリーター生活の常識

  • 求人探しの手引き

    アルバイト探しでおすすめしたいのは、何と言ってもインターネットのアルバイト求人サイトを利用する方法でしょう。自分が希望する条件のアルバイトをすぐに見つけることができてとても便利です。無料で利用できますし、登録すればアルバイト情報を知らせてくれるなどメリットはたくさんあります。既に働きたいお店が決まっているのでしたら、直接お店にアプローチしてみる方法が効果的です。アルバイト募集をしていないように見えても実は募集していることはありますので、電話などで問い合わせてみましょう。

  • 一人暮らしで気をつけるポイント

    一人暮らしで一番大事なことは金銭面でしょう。とくにアルバイトとして生活をしていくのであれば、収入と支出がどれくらいになるのかを把握しておかないと生活や仕事のプランを立てることさえできません。一人暮らしをするためにはどこにどれだけのお金が必要なのかを確認し、それを支払って生活していけるだけの収入を得ることが必要です。実家暮らしの方は生活費について考えたことがなかったかもしれませんが、支出の内訳を細かく想定していけば生活や仕事のプランが見えてくるようになります。

ページトップ

とあるフリーターの千葉移住計画
Copyright (C) 2015 とあるフリーターの千葉移住計画 All Rights Reserved.